opukopuのメモ帳

コンピュータを使わないでいたらいろんなことを忘れてしまったので思い出しながらメモする。

.vimrcの一部をプラグインっぽくgithubに配置する巻

経緯

数年前、.vimrcで遊びはじめたりプラグインをバンバン入れて遊んでいた頃の話。
.vimrcの機能の一部をプラグインディレクトリに分離した。
それ以来そこにずっと置き続けている。
しかし、他のプラグインはNeobundleで管理し、bundleディレクトリにある。
せっかくなのでこれも混ぜよう。
githubに公開すれば環境を他のPCに公開するときも.vimrc移せばいいだけになる。

内容

opukopu.hatenablog.com
:RCedと打つと新しいタブに.vimrcを表示するだけのプラグイン
数行しかないので.vimrcに書いても全く問題ないが、コマンドの定義は外に置くべしと偉い人に言われた気もするので分けてあった。

プラグイン

プラグインを作るための雛形を作ってくれるプラグインがある。
LayoutPlugin
というプラグイン

:LayoutPlugin RCedit.vim

として雛形を作成できる。
カレントディレクトリに作られる。

コード

autoloadディレクトリとpluginディレクトリがある。
これらはpluginがvim立ち上げ時に読み込まれるのに対し、autoloadはこのプラグインが呼び出された時に読み込まれるという違いがる。
大きなプラグインならば分ける必要があるだろうが、今回はたった数行のvim script。
pluginディレクトリのみ編集する。
pluginディレクトリにはRCedit.vimというファイルがあるのでこれに上記記事にあるコードをペーストする。

command! -nargs=0 RCed call s:RCedit#editvimrc()
function! s:RCedit#editvimrc()
	tab new
	edit $MYVIMRC
endfunction

ここで上記記事と異なるのは、function名の前にRCedit#があることだ。
RCedit.vimというディレクトリの下にプラグインを置く場合このように書く必要があるらしい。

README.mdを書く

一応公開するので念の為体裁を整えておく。
README.mdに適当なことを英語で。2行。体裁とは一体。。。
しかしmarkdownの文法はよく忘れる。あまり書かないからか。

ライセンス文を記載

念の為体裁を(ry
そもそもgithubを無料で使わせていただいている場合ライセンスははっきりさせておく必要があるようだし、これを期にちゃんと書くようにしよう。
githubでライセンスをつけるのは簡単です。
とりあえずリポジトリを作成したあとに、「Create New File」をクリック。
ファイル名をLICENSEとすると右にテンプレートの選択が出てくるのでMIT LICENSEを選択。
とりあえずMIT LICENSEにしておけば大丈夫なはず。
こちらのほうがわかりやすく書かれています。
blog.fakiyer.com
3行目をみてみるときちんと西暦と名前が自動で入っています。
READMEにもMITライセンスであることを記して完了…でいいのかな。

多分二度とやることはないだろうな。

結局

https://github.com/umkasab321/RCedit
こんな感じで公開できた。
今度からNeobundleでumkasab321/RCeditを指定するだけでよくなった。
ところで未だにdein.vimに移行する元気が起きない。
あとはてなのユーザ名とgithubの名前統一したいな…めんどい。