読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

opukopuのメモ帳

コンピュータを使わないでいたらいろんなことを忘れてしまったので思い出しながらメモする。

仮想化とか、

SkyrimをやるがためにUbuntuを捨ててWindowsにしたが、一週間で飽きた上にWindowsだとコードが書けない病気ようなので再び。
とはいえOfficeとかWindowsでないとできないこともあるのでUbuntuを仮想化させる。。
FreeBSDあたりでも良かったが、Xを含めて使いやすいので。

仮想化にはVMware Workstation 12 Playerを使用。

Ubuntuを落としてきてざっと仮想化の設定をした。
プロセッサ数8 メモリ5GB/(8GB)とかにしたけどこんなんで平気なんだろうか。
あとからでも変えられるようなのでとりあえずこれで行きましょう。

実際Windows使っている時間より長いだろうし。

仮想環境が整ったらまず言語を日本語にする必要がある。
あとは過去のUbuntu再インストールの記事にあることあたりをやっていけばおしまい。

とりあえずUnixBenchしてみる。

時間かかりそうなのでときどきパフォーマンスをWinとUbuntu両方で確認しながら線形代数の勉強をする。


1年生のころはなんの役に立つのかわからなかった線形代数も、固有値の問題が他の分野で出てきてからやったほうがいいかと思い真剣に勉強を始めてみた。

世界標準MIT教科書 ストラング:線形代数イントロダクション

世界標準MIT教科書 ストラング:線形代数イントロダクション

まだ読み始めたばかりだがなかなか面白い。
できることなら一年生のうちに出会いたかった。
とはいえ、これが出たのがつい最近のようなので出会えるはずがないのだが。

これから3年生になるが今からでもやらねばと思わせてくれる。
あの時イマイチつかめなかった、線形という言葉の直感的な意味を掴ませてくれる。
線形代数学の重要性を感じさせてくれている。

なんだかんだ言ってるうちにUnixBenchが終わる。

結果約4500点。
いいのか悪いのかよくわからない。

仮想化などさせない状態での点数をよく覚えていないので仮想化がどれほど影響しているかわからない。

それなりにいい部品使っているから相応の働きはしてほしい。
Ubuntu時代にBoostを数分でビルドしてみせたようなきがするのでそれで比較してみよう、いつか。


最後に忘れていたソフトウェアの更新を行い、今日はおしまいとしましょう。