opukopuのメモ帳

コンピュータを使わないでいたらいろんなことを忘れてしまったので思い出しながらメモする。

再インストール手順-Ubuntu14.04編

SSDフォーマットの前にすること

  • GitHubにdotfilesとsetupscript.sh(各種設定用)をpushする。

OSインストール後

  • Chromeインストール
  • ソフトウェアアップデートが非常に遅い。向こうのサーバが遅いのでJAISTに変える。
  • ソフトウェアセンターからGNOME flashbackをインストール(GNOME classic)
  • パネルの追加(alt+super+右クリック) /super=windowsキー
  • 現在パネルは左からChrome/システムモニター/端末/gedit/コンピュータ/HOME/ゴミ箱/ /プロセッサ使用率
  • グラボのドライバをオープンソースからNVIDIAのものに変える。
  • aptでgitをインストール sudo apt-get install gitでおk
  • SSHの鍵を作る。
  • githubに公開鍵をコピペ
  • dotfilesをclone。ホームディレクトリにsetupというディレクトリを作成し、その中に入れる。

/git clone

  • setupscript.shを走らせる。
  • dotfilesLink.shでdotfilesのリンクを貼りまくる。
  • apt-get install vim
  • neobundleをインストール

以上。多分。
vimのインストールがまだだった。
neocompleteを有効にするためにluaが必要で(ry

http://vim-jp.org/docs/build_linux.html
このページを参考にさせてもらい、いろいろインストール。

この時の環境では/usr/includeにluaというディレクトリはなく、lua5.1とlua5.2が存在した。
./Configureは/usr/include/luaの中からlua.hを探すが、こんなディレクトリ存在しないのでエラーがでた。

sudo ln -s lua5.2 lua

でしのいだ(/usr/include下で実行)。

そしてmake(うちのCPUは8スレッドなのでmake -j8)。
さすがうちのi7 4790 無駄にハイスペック。
ビルドする時しかそのパワーを生かせないけど今こそその時、数秒で終了。

Boostやらのライブラリを入れた場合、.bashrcに環境変数CPLUS_INCLUDE_PATHあたりをexpertしておく。